相続問題でお悩みの方

  • 親族と遺産分割でもめている
  • 遺留分を侵害されている
  • 遺言書の内容に納得ができない
  • 相続財産が使い込まれていた
  • 相手方がすでに弁護士に依頼
  • 遺言書を作成しておきたい

サリュにお任せください

  • 01

    関連士業と相続問題
    ワンストップで解決

  • 02

    損害賠償請求、不動産など
    複雑な事案も実績多数

  • 03

    全国展開なので広域に渡る
    相続問題に対応

公平な分割方法を提示
解決のための
一番の近道をとります

紛争化してしまったら、公平な分割方法を提示することが解決のための一番の近道と、サリュは考えます。専門家が提示すれば、納得できることが多いので、大事になる前に相談をしてください。
サリュでは、交通事故などの損害賠償請求が絡み合う相続、不動産がリンクする相続を多く取り扱ってきた実績があります。司法書士、土地家屋調査士、税理士などの隣接専門職と連携しながら対応しており、遺産分割という1場面のみならず、トータルのサポートが可能です。
また、相続発生地と相続人の居所が離れているなどの場合においても、全国に10支店を展開しているサリュであれば、ご安心してご依頼いただけます。

case

相続問題の解決事例

相続問題の他の事例も読む

Flow

遺産相続の流れ

デリケートな親族のお金の問題をサリュが解決までリードします

  • 遺産・借金・相続人の調査 遺産・借金・相続人の調査
  • 分割案の提案・遺産の放棄 分割案の提案・遺産の放棄
  • 遺産分割の話し合い 遺産分割の話し合い
  • 不動産・預貯金の分配 不動産・預貯金の分配
  • 税金の処理 税金の処理

Service

主な取扱業務

相続による名義変更

遺産の公平な分割案を提案します

相続人が複数の場合、通常は、遺産の名義を相続人に変更するためには、相続人間で遺産分割を行い、遺産分割協議書を作成する必要があります。
遺産分割協議書には、どの遺産を、誰が取得するかを明記し、かつ、実印を押印し、印鑑証明書を添付しなければなりません。
親族に実印を押すよう依頼することは、親族間であっても、難しいことがあります。
サリュは、ほかの相続人の方に安心して印鑑を押印してもらえるよう、公平な分割案を提案し、名義変更手続きを代行します。

相続による名義変更の流れ

遺産分割交渉・調停・審判手続き

法的根拠を持って説得します

親族間で、遺産分割の話し合いが進まない要因はいくつもあります。一度、相続人間で不信感が生まれると、当事者だけではこれを払拭することはなかなかできません。そのような場合には、客観的資料から公平な分割案を相手に示し、説得することが必要となります。
また、理由なく手続きに協力してもらえない親族がいる場合は、遺産分割調停・審判手続きを活用することで、粛々と進めていくことが有効です。

  • マイナス財産が多い場合は、全ての財産を放棄する「相続放棄」を選べます。どちらが多いかすぐに調べられず不明な場合は「限定承認」を選ぶこともできます。

遺産分割の話し合いが進まない原因

相続放棄

借金や債務が多い場合、放棄できます

遺産分割は、相続人全員が手続きに参加するのが原則です。しかし、中には「兄弟間の紛争に巻き込まれたくない」「債務超過等で、借金を負いたくない」という思いから、相続する権利を放棄される方がいます。サリュでは、相続放棄が他の相続人に与える影響も含めて、丁寧にアドバイスをさせていただきます。なお、相続放棄は、自己のために相続の開始があったことを知ったときから3ヶ月以内に手続きする必要があり、一度放棄すると取り消せません。

相続による名義変更の流れ

遺言書作成

トラブルを事前に防ぎましょう

遺産相続では、法定相続よりも遺言による相続が優先されるので(遺言優先の原則)、「遺言書さえあれば」相続のトラブルを十分に防ぎ得る場合があります。サリュでは、遺言書の中でも、安心・確実な遺言書を作成できる公正証書遺言をお勧めしています。

遺言書作成

専門サイトでさらに詳しく、
お悩みにお応えします