遺産整理業務
相続のこと、きちんと。
弁護士による中立的な遺産整理

わからない。
面倒くさい。
サリュにお任せください。
遺産相続は、誰もがはじめて経験します。わからないことだらけで途方に暮れているのではないでしょうか。
複雑でわかりにくい相続手続きを、「弁護士」に任せるという選択肢を検討してみませんか?

争いになっていなくても、
相続は弁護士で変わる。
実は、遺産整理業務の多くは司法書士が担ってきました。しかし、社会的信用性の高い弁護士が全ての相続人から依頼を受け、中立的立場で遺産整理業務を担うことで、より円滑かつ確実に相続手続きを進めることが可能になります。サリュは、司法書士と同程度の費用で、遺産整理業務をお手伝いします。

相続手続きを、円滑かつ確実に。

弁護士に相続手続きを依頼するメリット

弁護士に頼むのは揉めている相続だけでは?

弁護士は、もめている事案も、もめていない事案についても、相続手続きのお手伝いができます。
例えば、
・公平に分けたいだけなのに、相続人同士だけでは、話が進まない。
・遺産目録を作って相続人と話し合いをしたいけれど、作り方が分からない。
・不動産の名義変更や預貯金の解約などの面倒な手続きをする時間がない
こういった場合、私達弁護士が、相続人の皆様から依頼を受けることで、遺産相続手続きの代行を行います。

司法書士ではなく、弁護士に依頼するメリットとは

公平な分割案の作成ができる。

司法書士も、弁護士と同様に、相続人皆様から依頼を受けて、相続財産の管理業務を行うことができます。
しかしながら、司法書士は、遺産分割調停や遺留分侵害額請求調停などの家庭裁判所での代理業務を行うことが法令上できません。
したがって、公平な分割案の作成という視点では、司法書士に比べて、弁護士の方が、優れています。

弁護士だから費用が高いということはない。

もめていない事件は、弁護士と司法書士で、行う手続きが同じである以上、弁護士だから費用が高いということはありません。
もめている紛争性がある事案は、弁護士しか事件を扱えませんので、司法書士の費用との比較はできません。よく、もめている事案の弁護士費用と、もめていない事案の司法書士費用を比較して、弁護士の方が高いという比較をされることがありますが、もめている事案の解決の方が事件の難易度が高く、司法書士には扱えない領域ですので、これを比較することはできません。

不動産登記の対応も可能

弁護士法人サリュは不動産登記も扱っていますので、法務局に提出する書類の作成まで併せてご依頼ください。

業務内容


もめているわけではないけれど、中立な第三者を間に入れて、遺産分割協議書を作成したい、そういったご希望がある方は、是非、弁護士に相続手続きをご依頼ください。

まずは弁護士との無料相談で、
相続のお悩みをお話しください

初回の相談は無料です。争いになっていなくても、相続開始直後からのご相談を受け付けております。
ご相談はご来所、お電話の他、ZOOMなどのオンラインも可能です。
お気軽にお問い合わせください。

お電話でご相談予約

受付時間
10:00~18:00(土・日・祝日を除く)

メールでご相談予約

受付時間
24時間受付

全国のサリュ