Profile

代表プロフィール

所属
大阪弁護士会
公職等
マンション管理士
交通事故委員会
法曹養成・法科大学院協力センター
同志社大学法科大学院非常勤講師
著書・論文
B型肝炎 給付金請求の勘所(株式会社レガシー・2017)
交通事故案件対応のベストプラクティス(共著・中央経済社・2020)
セミナー・講演
個人情報保護法とマンション管理組合(枚方マンション管理組合連合会 2021)
出身地
神戸市
出身校
関西学院大学法学部
趣味
読書、スノーボード(最近、全く行けていないが)
趣味が入ります。
好きな言葉
今に見ておれ

- 所属事務所に問い合わせる -

大阪事務所

Interview

インタビュー

- 過去の人生で苦労したこと

精神的、経済的にも追い詰められた受験生活

私は、大学卒業後、いったん企業に就職しましたが、一念発起して弁護士になることを決意し、会社を退職して勉強に専念することにしました。
当初は、自分のやりたいことをやっている、ということに充実感を感じていましたが、受験生活が長くなるにつれ、人生の先行きに不安を感じ、また日々の生活も困窮していくなど、精神的、経済的にも追い詰められました。
しかし、この経験は、仕事のみならず私の人生においても大きな糧となっており、私の原点ともいうべきものです。

- お客様に伝えたいこと

「もう少し早くに相談いただいていたら」

どんな事件でもそうですが、お困りごとが生じたら、まずは早めに弁護士等の専門家に相談することをお勧めします。 「もう少し早くに相談いただいていたら。」と思うことがよくあります。
弁護士に相談、依頼することは、今後のみなさんの人生をよりよくする一助になり得ます。そして、みなさんの笑顔を取り戻すことが私の最大のやりがいです。

- 仕事の中で心がけていること

話しやすい雰囲気作りと、迅速かつ正確な業務執行

第一に、依頼者の方にとって、できるだけ質問しやすい、話しやすい雰囲気を作り出せるよう心がけています。弁護士の中には横柄な態度を取って、質問などを躊躇させてしまう方も実際にはいます。しかし、これでは依頼者の方の思いを十分に汲み取ることはできず、結果、事件も良い解決に向かうことはありません。事件解決の一歩は、依頼者の方との良好なコミュニケーションから始まります。
第二に、迅速かつ正確な業務執行です。当然のことですが、迅速性、正確性いずれが欠けても事件を良い解決に導くことはできません。以上、これらを念頭に置き、日々、業務に邁進しております。