弁護士紹介

Message
from a lawyer

弁護士からのメッセージ

MANANU NISHIMURA
西村 学
法律家こそよき経営者、よき企業人であれ。

私は、弁護士になる前は民間企業の営業マンをしていました。
そのときの経験が現在の弁護士業務をするうえにおいても非常に役立っています。
取引先との関係や社内での調整など法的問題を超えた多角的な視点、経験が会社法務ないし企業の経営を担ううえでの重要なポイントとなることは間違いありません。

Lawyer
interview

弁護士インタビュー

企業に勤めていたときは、どのような仕事をしていたのですか?
某大手食品会社の営業マンでした。
私の担当先は、家族経営などを中心とした中小企業が多かったです。取引先に自社製品の販売、拡充や会社(店舗)運営の助言等の「コンサルティング的な業務」を行っていました。
「コンサルティング的な業務」って、なんかかっこいいですね。
そうですね。まあ、コンサルティングといえば聞こえはいいですが、大方は、泥臭い、、、もとい非常に人間味あふれる仕事でしたね。取引先のお宅にお邪魔して食事を一緒にしたり、経営者の方々と旅行に行ってお酒を飲みながら深夜まで議論したり。時にはお叱りを受け落ち込むこともありましたが、随分勉強させていただきました。
その経験が、弁護士として企業法務をするうえで役立つのですか?
法的解決と言う意味では直接的には役に立たないかもしれませんね(笑)。ただ、経営者の方々が何を考え、どのような支援を欲しているのか、という点については、肌感覚ですがある程度は分かります。表だって本音を言わない、あるいは言えないようなことは少なからず誰にでもあると思いますが、そんな場合でも、真意を汲み取って、複数の法的選択肢がある中からベストな選択をする。このことを常に意識して日々の業務にあたっています。
これからの時代にそれが通用しますか?
時代の変化は激しく技術革新は加速度的であります。しかし、企業は人で成り立っており、技術がいくら進化しても喜怒哀楽という人の普遍的感情はそうは変わりません。したがって、私の拙い経験も捨てたものではないと思っています。
だからと言って、それだけで通用する甘い世界ではないですよね?
そのとおりです。幸い、弁護士法人サリュは、業界では無料法律相談やインターネットを通じた顧客サービスの拡充などの先駆的存在であり、最近では法律相談専用のアプリのリリースなど、新しいことに常に挑戦していく風土があります。弁護士法人サリュは、これからも業界をリードし常に研鑽を怠らない法律事務所であり続けたいと思っています。
最後に企業経営者のみなさまに一言お願いします。
最後の段になってしまいましたが、私は弁護士法人サリュの代表であり、経営者の一人でもあります。法的問題解決は当然のこととして、一経営者としての視点も活かし、少しでもみなさまのお役に立つことができれば幸いです。
profile

プロフィール

学 歴

関西学院大学法学部

公 職

交通事故委員会
法曹養成・法科大学院協力センター
同志社大学法科大学院非常勤講師

資 格

弁護士
マンション管理士

著 書

B型肝炎 給付金請求の勘所(株式会社レガシー・2017)
交通事故案件対応のベストプラクティス(共著・中央経済社・2020)

セミナー・講演

個人情報保護法とマンション管理組合(枚方マンション管理組合連合会 2021)