弁護士紹介

Message
from a lawyer

弁護士からのメッセージ

HIROTO YAMADA
山田 洋斗
経営者・法務担当者とのやりとりでは、いつもリズム感を大事にしています。

経営者や法務担当者からの質問について顧問弁護士からの回答が遅くなると、大事なビジネスチャンスを逃してしまったり、損失が拡大したりしてしまうことがあります。
経営者や法務担当者とのやりとりでは、私は常にスピードやリズム感を大事にし、迅速な対応を心がけています。

Lawyer
interview

弁護士インタビュー

顧問弁護士として、大切にしていることは何ですか?
ある新しいビジネスを思いついた時、「これって違法かも?」と悩んでしまう経営者は少なくありません。
その大事なひらめきを、私は、顧問弁護士としての立場で、大切にしたいと思っています。
法律、条例、業界ガイドライン、同種事例のトラブルなど、徹底的に調べ、なんとかして「こうすれば問題ない」という回答に辿り着けるよう、尽力します。
ビジネスの世界ではアイデアはすぐに陳腐化します。
私は、顧問弁護士が調査・対応に手間取り、アイデアを腐らせることはあってはならないと思っています。
大事なビジネスチャンスを逃してしまわないためにも、私は、常にスピードやリズム感を大事にし、迅速な対応を心がけています。 あなたのビジネスが加速することは、我々顧問弁護士にとって大変な喜びになります。  
事業運営上の法的リスクにどう対応しますか?
 弁護士は、いつも「万が一」を考え、リスクを優先しがちです。
それは間違っていないですし、弁護士のあるべき姿なのかもしれません。
しかし、私は、リスクだけを伝える顧問弁護士にはなりたくありません。
経営者の崇高な理念や理想とする世界を実現する過程に、もしも大きなリスクが伴ったとしても、一歩先をいく経営的意見を述べ、夢の実現可能性を上げられるような顧問弁護士を目指します。
もしもの事態があった場合は闘ってくれますか?
 私は、労使紛争や会社の営業損害の賠償請求、契約解除に伴うトラブルなど、会社・経営者が絡む交渉・訴訟事件を扱ってきました。
もしもの時は、会社を徹底的に守ります。
千葉事務所でお待ちしております。
profile

プロフィール

経歴

2014年 明治大学法科大学院修了・司法試験合格
2015年 弁護士登録
2020年 千葉事務所所長に就任

解決実績

会社の代表取締役が交通事故で受傷し、会社に営業損害が生じたため、裁判で外注費を損害と認定させたケース