• 2017.09.19

    メディア

    当法人の代表弁護士平岡将人が取材を受けました

    当法人の代表弁護士平岡将人が弁護士ドットコムニュースより、「公道で「ドリフト」どんな罪になる?」について取材を受けました。
    詳細はこちら

  • 2017.08.15

    メディア

    8/10 当事務所の交通事故勝訴判決が、判例雑誌「自保ジャーナルNo.1995」に掲載されました。

    自賠責併合14級の被害者については、実務上、労働能力喪失期間を5年と短縮されますが、本訴訟では18年間の喪失期間の立証に成功しました。
    また、前年度赤字申告の事案ではありましたが、事故直前の経営状況の改善を立証し、休業損害及び逸失利益の立証にも成功しました。

  • 2017.08.03

    メディア

    弁護士法人サリュ長門事務所開設の記事が、讀賣新聞(山口版)に掲載されました。

    弁護士法人サリュ長門事務所開設の記事が、讀賣新聞(山口版)に掲載されました。記事では、50年以上弁護士が不在の長門市に、弁護士法人サリュが事務所を開設したことについて取り上げられました。

  • 2017.07.26

    メディア

    代表弁護士平岡将人が取材を受けました

    当法人の代表弁護士平岡将人が、弁護士ジャパンから取材を受けました。
    詳細はこちら

  • 2017.06.12

    メディア

    代表弁護士平岡将人が取材を受けました

    当法人の代表弁護士平岡将人が、弁護士ドットコムニュースよりバスの急ブレーキで転倒して負傷した場合に、バス会社に損害賠償請求できるか、という問題について取材を受けました。
     
    詳細はこちら

  • 2017.01.27

    メディア

    平成29年1月26日付読売新聞の夕刊に当法人代表弁護士平岡将人のコメントが掲載されました。

    当法人代表弁護士である平岡将人が、相続放棄の申立てが増えている背景や注意点についてコメントしました。

  • 2017.01.19

    メディア

    讀賣新聞、朝日新聞、毎日新聞、山口新聞、中國新聞、NHK、その他メディアで、弁護士法人サリュ弁護士馬場 龍行、及び、馬屋原 達矢が担当した誤認逮捕・国家賠償請求事件について、県の賠償責任を認めた判決内容が、報道されました。

    事案の概要
     警察官の違法捜査により、通常逮捕され、6日間勾留され、逮捕について実名報道されたこと等について、警察官の行為が違法として、慰謝料を求める国家賠償請求事件を、弁護士法人サリュ弁護士馬場 龍行、及び、馬屋原 達矢が担当しました。
     平成29年1月18日、山口地方裁判所において、警察官の行為について、山口県に86万5444円の支払いを認める判決が出ました。
     
    サリュの解決
     公務員の行為が違法となるためには、公務員の行為が、結果的に誤っていたのみでは足りず、職務上の注意義務に違反したと評価される必要があります。
     国家賠償法上の違法性が認められるハードルは高く、誤認逮捕について違法性が認められるケースは少ないのが現状です。
     しかしながら、当法人の弁護士は、警察官の行為を精査して、警察官の落ち度が大きいことの立証を重ね、認容判決を勝ち取ることができ、このニュースは、讀賣新聞、朝日新聞、毎日新聞、山口新聞、中國新聞、NHK、その他メディアで報道されました。

  • 2016.12.20

    メディア

    当法人の代表弁護士平岡将人が取材を受けました

    当法人の代表弁護士平岡将人が弁護士ドットコムニュースより、ダチョウが高速道路を歩いていた件について取材を受けました。
    詳細はこちら

  • 2016.12.09

    メディア

    当法人の交通事故和解研究班が執筆した「交通事故裁判和解例集」が第一法規より出版されました。

    当法人の交通事故和解研究班(弁護士馬場龍行、同竹内省吾、同成田翼、同鹿野舞、同三上諒(平成28年3月退所))が執筆した「交通事故和解例集」が第一法規より出版されました。平成26年中に裁判所で和解が成立した事件の中から、参考になると思われる和解例約120件を争点別に整理した、交通事故裁判における和解例を分析した唯一の書籍です。
    詳細はこちら

  • 2016.11.30

    メディア

    当法人の竹内弁護士が取材を受けました

    当法人の竹内弁護士が、痴漢行為についての無罪事件について取材をうけました。
    詳細はこちら

  • 2016.11.21

    メディア

    当法人が、千葉テレビ「ビジネスフラッシュ」で紹介されました。

    交通事故の後遺障害認定の重要性、リーガルスタッフの職務内容について、代表弁護士である平岡将人とリーガルスタッフが出演し、対談を行いました。
    詳細はこちら

  • 2016.10.05

    メディア

    「PROISM」に平岡将人が掲載されました

    プロの生き様から学ぶインタビューメディア「PROISM」に平岡将人が掲載されました。
    詳細はこちら

  • 2016.09.14

    メディア

    弁護士ドットコムで平岡将人が回答しました

    弁護士ドットコムで、平岡将人が、質問「バス運転手が女性客の「痴漢の訴え」を放置したまま走行、どんな法的問題がある?」に回答しました。

    詳細はこちら

  • 2016.06.24

    メディア

    埼玉新聞で籔之内寛が回答しました

    埼玉新聞「法律問題に関するQ&A」に、籔之内寛が回答しました。

  • 2016.06.17

    メディア

    弁護士ドットコムで平岡将人が回答しました

    弁護士ドットコムで、平岡将人が、質問「とろとろ走る前の車を煽ったら捕まった。反則金も払わない!」に回答しました。

  • 2016.04.01

    メディア

    同志社大学法科大学院で、西村学が講師に着任

    同志社大学法科大学院で、西村学が講師に着任。

  • 2016.03.29

    メディア

    <書籍>「少年事件ハンドブック」発売

    当法人の弁護士竹内省吾が共著者として執筆を担当した第一東京弁護士会の「少年事件ハンドブック」が青林書房より刊行されました。

     

    青林書房「少年事件ハンドブック」 

    楽天ブックス 

  • 2016.03.25

    メディア

    当法人についての記事が、ダイヤモンド社のムックに掲載されます。

    当法人の代表弁護士平岡将人についての記事が、3月31日発売のダイヤモンドムック「頼れる弁護士の見つけ方」に掲載されます。(ダイヤモンド・オンラインにも掲載予定です。)

    Amazon ダイヤモンドムック「頼れる弁護士の見つけ方」

  • 2016.03.18

    メディア

    当法人の弁護士が代理人を務めた交通事故の事例が判例雑誌に掲載されました

    精神障害を理由として併合7級の後遺障害を認めさせた事例が、判例雑誌(自保ジャーナルNo.1961)に掲載されました。

  • 2015.12.20

    メディア

    <書籍>本日発売 「虚像のトライアングル」 弁護士 平岡将人(著)

    当法人の代表弁護士平岡将人の著書「国・裁判所・保険会社の不合理な真実 虚像のトライアングル」が

    本日(12/20)幻冬舎より刊行されました。

     

    大好評をいただいた「ブラック・トライアングル」の続編として、

    交通事故の被害に遭われた方が、保険会社、国、裁判所による保険金値切りの闇の構造

    (ブラックトライアングル)から抜け出す方策を提示するものです。

     

    Amazonでもお買い求めいただけます。

     

  • 2015.12.20

    メディア

    <書籍>本日発売 「改訂版 ブラックトライアングル」 弁護士 谷清司(著)

    当法人の創業者である弁護士谷清司の著書「ブラックトライアングル 温存された大手損保、闇の構造」の

    改訂版が、本日(12/20)幻冬舎より刊行されました。

     

    2010年の第1版では、交通事故の被害者側弁護士としての経験を元に、裁判所、損保会社の「闇」に鋭く切り込み、

    テレビでも取り上げられるなど大きな反響をいただいたものです。

    この度、第1版刊行後5年間の法改正や最新データを反映させた改訂版としてお届けすることになりました。

     

    Amazonでもお買い求めいただけます。

     

  • 2015.12.10

    メディア

    <書籍>「みんなの弁護士207人」で、平岡将人が紹介されました

    南々社発行「みんなの弁護士207人(弁護士ドットコム編著)で、交通事故を得意分野とする弁護士として平岡将人が紹介されました。

  • 2015.11.23

    メディア

    弁護士ドットコムで、平岡将人が回答しました

    弁護士ドットコムで、平岡将人が質問「電動一輪車は公道で走れるか?」に回答しました。

  • 2015.11.01

    メディア

    レインボータウンFMのラジオ番組に、平岡将人がレギュラー出演を開始しました

    レインボータウンFM「アキナめぐみのフレンド×3ナイト(木曜21時)」で、
    平岡将人が「ズバッと解決!ヒラッチ!」(時事法律コーナー)にレギュラー出演を開始。

  • 2015.10.16

    メディア

    当法人の弁護士がKBC朝日放送のラジオ番組に出演します。

    当法人福岡事務所の所長である弁護士小杉晴洋が、KBC朝日放送「PAO~N」(13:00~16:00)にコーナー出演します。

  • 2015.10.16

    メディア

    日本弁護士連合会「業務改革シンポジウム」で、谷清司がビデオ出演しました

    日本弁護士連合会「業務改革シンポジウム」で、「事務職員の有効活用の実例紹介」として谷清司がビデオ出演しました。

  • 2015.07.13

    メディア

    当法人の弁護士が執筆した記事が、7/15付の西日本新聞に掲載されます。

    当法人福岡事務所の所長である弁護士小杉晴洋が執筆を担当した交通事故についての記事が、7月15日付の西日本新聞(朝刊)に掲載されます。

  • 2015.06.17

    メディア

    萩ケーブルテレビ「萩あれこれ」に、馬屋原達矢が出演しました

    萩ケーブルテレビ「萩あれこれ」で、馬屋原達矢が「パネルディスカッション 地域ぐるみで詐欺被害を防ごう」に出演しました。

  • 2015.06.15

    メディア

    月刊「脊損ニュース507号」で、平岡将人が担当事件の判決について解説しました

    全国脊髄損傷者連合会発行の月刊「脊損ニュース507号」の「差別的な運用に示したNO!」コーナーで、平岡将人が担当事件の判決について解説しました。

  • 2015.05.15

    メディア

    月刊「脊損ニュース506号」で、平岡将人が担当事件の判決を紹介しました

    全国脊髄損傷者連合会発行の月刊「脊損ニュース506号」の「自賠責が出る、待望の勝訴!」というコーナーで、平岡将人が担当事件の判決を紹介しました。

  • 2015.04.08

    メディア

    日経新聞夕刊に、「勝訴判決の代理人コメント」(平岡将人)が掲載されました

    日経新聞夕刊に「勝訴判決の代理人コメント」(平岡将人)が掲載されました。
    「障害者の事故被害 救済」 日本経済新聞夕刊 掲載日2015年4月8日(許諾番号30040811)

  • 2014.12.25

    メディア

    週刊文春に弁護士法人サリュが紹介されました。

    2014年12月25日発売の週刊文春に弁護士法人サリュが紹介されました。

  • 2014.12.01

    メディア

    全国中学校進路指導教材「職業人なりきりカード」で、齋藤雄大が一部を執筆

    学事出版 全国中学校進路指導教材「職業人なりきりカード」の弁護士カードのコメントを齋藤雄大が執筆。

  • 2014.11.06

    メディア

    中国新聞に、馬屋原達矢が執筆した記事が掲載されました

    中国新聞に「国家賠償請求事件(誤認逮捕)の裁判報道」(馬屋原達矢)が掲載されました。

  • 2014.09.01

    メディア

    月刊「脊損ニュース 498号・499号」に、平岡将人が掲載されました

    全国脊髄損傷者連合会発行の月刊「脊損ニュース 498号・499号」に、
    「脊髄損傷者のピアサポート活動(同じ障害を負った者が同じ障害を負った者をサポートする活動)」(平岡将人)が掲載されました。

  • 2014.08.07

    メディア

    週刊文春にて代表平岡将人が取材を受けました

    2014年8月6日発売の週刊文春にて、代表平岡将人が取材を受けました。

    交通事故被害における実状と立ち向かう意味、

    クライアントの心に寄り添ったサポートを大切にする理由。

    被害者側専門弁護士として日々闘い続けるサリュの思いを平岡が語っています。

  • 2014.03.26

    メディア

    馬場弁護士が共著者として執筆に携わった『Q&A新しい集団訴訟』が出版されました

    本書は、昨年末に成立した日本版クラスアクション、

    正式名称「集団的消費者被害の回復に係る訴訟制度」を定めた

    「消費者の財産的被害の集団的な回復のための民事の裁判手続の特例に関する法律」
    について説明しております。

    Q&A 新しい集団訴訟

  • 2013.10.08

    メディア

    「自転車事故の現状と危険性」について特集したテレビ番組に出演します

    弁護士西村学が、「自転車事故の現状と危険性」について特集したテレビ番組に出演します。

    放送日  10月9日

    番組名  スーパーニュース(フジテレビ系列)

    放送時間 16:50〜19:00

    出演時間 18:15〜18:40頃

    放送区域 関東(1都6県)

  • 2013.08.13

    メディア

    山口放送のニュース「萩市集中豪雨災害の相談」のコーナーに、馬屋原達矢が出演しました

    山口放送のニュース「萩市集中豪雨災害の相談」のコーナーに、馬屋原達矢が出演しました。

  • 2013.03.25

    メディア

    関西テレビ「ザ・ドキュメント」に、谷清司が出演

    関西テレビ「ザ・ドキュメント」の「スタートラインに立てなくて 黙殺される交通事故被害者たち」コーナーに谷清司が出演。「軽度外傷性脳損傷」について解説しました。

  • 2013.03.19

    メディア

    FM NACK5のラジオ番組で、馬場龍行が解説しました

    FM NACK5で、 馬場龍行が「ハーグ条約に関連して、国際的な子の連れ去り問題」について解説しました。

  • 2012.12.01

    メディア

    FM NACK5のラジオ番組で、馬場龍行が解説しました

    FM NACK5で、馬場龍行が「痴漢冤罪に遭ってしまったときの対応方法」について解説しました。

  • 2012.07.27

    メディア

    弁護士ドットコムに「痴漢冤罪に遭ってしまったときの対応方法」(馬場龍行)が掲載されました

    弁護士ドットコムに「痴漢冤罪に遭ってしまったときの対応方法」(馬場龍行)が掲載されました。

  • 2012.07.26

    メディア

    TBS「有田とマツコと男と女」に、馬屋原達矢が出演しました

    TBS「有田とマツコと男と女」に、馬屋原達矢が出演しました。

  • 2012.01.01

    メディア

    はぎ時事新聞で、馬屋原達矢が月間連載開始しました

    はぎ時事新聞「市民からの法律相談に何でも応えるコーナー」を馬屋原達矢が月間連載開始しました。

  • 2010.09.01

    メディア

    「荻ネットワーク第95号」に、谷清司のインタビュー記事が掲載されました

    萩市役所広報誌「荻ネットワーク第95号」の「ズームアップ」に、
    谷清司の「ブラックトライアングル」出版についてのインタビュー記事が掲載されました。

  • 2010.06.27

    メディア

    読売テレビ「そこまで言って委員会」に、谷清司が出演しました

    読売テレビ「そこまで言って委員会」で「なぜ交通事故の賠償金はちゃんと支払われないのか?」コーナーに、谷清司が出演しました。

  • 2010.05.27

    メディア

    <書籍>「ブラックトライアングル~温存された大手損保、闇の構造」谷清司著が出版されました

    幻冬舎より交通事故補償の真実を告発した「ブラックトライアングル~温存された大手損保、闇の構造」谷清司著が出版されました。

  • 2009.01.14

    メディア

    ラジオ大阪「みらいレシピ~谷清司の法律歳時記」で、谷清司が毎週日曜を担当

    ラジオ大阪「みらいレシピ~谷清司の法律歳時記」(毎週日曜)を谷清司が担当

  • 2008.04.01

    メディア

    同志社大学法科・大学院 兼任教員として、谷清司が「民法演習Ⅰ」を担当しました

    同志社大学法科・大学院 兼任教員として、谷清司が「民法演習Ⅰ」を担当しました。【2008年4月~2015年7月】

  • 2008.01.01

    メディア

    雑誌「ECO&ヘアBeauty」の「法律相談コーナー」で、平岡将人が回答しました

    雑誌「ECO&ヘアBeauty」の「法律相談コーナー」で、平岡将人が回答しました。

  • 2006.07.01

    メディア

    日本弁護士連合会機関誌「自由と正義」に「サリュ!法人化、萩からの挑戦」(谷清司)が掲載されました

    日本弁護士連合会機関誌「自由と正義」に「サリュ!法人化、萩からの挑戦」(谷清司)が掲載されました。

  • 2004.04.08

    メディア

    朝日新聞に、谷清司が執筆した記事が掲載されました

    朝日新聞に、「山口と東京 法律の架け橋」(谷清司)が掲載されました。