リーガルスタッフ

輝本 奈都美

てるもと なつみ

過去の人生で苦労したこと

 私は幼いころ、北海道に住んでいました。冬場は特に雪深い地域で、毎年冬には毎週末スキー場へ通っていました。おかげで大人に混じって上級者コースを滑走し、スキーは得意な方だと自覚していました。
 あるとき、ゲレンデの片隅に、まだリフトに乗ることができない初心者用の短いロープリフトに挑戦したことがあります。動き続けるロープにつかまり坂を登るのですが、ロープの強い勢いにタイミングが合わせられず一瞬も進めず転倒を繰り返しました。あまりに悔しさに泣きながら意地になって挑み続け、夕方には克服することができました。
 できないままあきらめることが悔しくて、無我夢中で取り組んだ思い出です。

出身地 埼玉県
出身校 帝京大学大学院法学研究科法律学専攻博士前期課程
趣味 音楽鑑賞
好きな言葉 地に足を着け、星を見る。

相談者、依頼者に伝えたいこと

 法律事務所へ相談に行くことも敷居が高い、と感じる方も多くいらっしゃると思います。しかし、あるとき突然、ご自身の身に法律問題が降りかかったときに、私たちサリュを味方にして立ち向かっていただきたいと思います。大変な勇気と覚悟をもってご相談にお越しいただくと思いますので、そのお気持ちに最大限の努力をさせていただきたいと思います。
 私たちサリュは、いつでも身近な存在であり続け、しかし迅速かつ的確に業務を遂行して、満足のいく解決を共に目指してまいりたいと思っております。

仕事の中で心がけていること

 私はリーガルスタッフとして、弁護士とご依頼者様というそれぞれの歯車を滑らかに動かす「潤滑油」のような存在を理想としております。
 そのためには、ご依頼者様の問題を共有し、お気持ちに寄り添いつつ、一方で、弁護士とともに検討した内容をしっかりとお伝えし、導いて、共に最善の解決方法を目指していけたらと思っております。
 何かの法的問題に直面しご不安を抱かれた際に、最初に思い浮かぶ存在になりたいという思いを胸に、質の高いリーガルサービスをご提供できるよう、日々精進してまいります。

弁護士&リーガルスタッフ
Lawyer & Legal staff

ピックアップインタビュー
Pick up interview