リーガルスタッフ

林 貴裕

はやし たかひろ

過去の人生で苦労したこと

 サリュに入る前、私は弁護士を目指して司法試験に挑戦していました。ロースクールに行き、修了後に司法試験を受験しましたが、残念ながら合格することはできませんでした。
 一日の大半を勉強にあてる日々を長期間にわたって過ごした受験期間は苦しいものでしたし、最終的に望んでいた結果につながらなかったわけですから、結果が明らかになったときは非常に落胆しました。
 しかし、後悔はありません。受験を通して身につけた経験が、現在の業務の中で役立っていると実感しているからです。
 サリュに入ってこの仕事を始めてからも、日々新しいことを勉強し続けています。しかも、学んだ知識が即、仕事に役立つというリアルな実感を得ながらの勉強です。今は毎日、非常に充実した日々を送ることができています。
 これからも、サリュのスタッフとして、より良いサービスを提供できるよう、日々貪欲に知識の習得とスキルの向上に努めていこうと考えています。

出身地 愛知県豊川市
出身校 東京大学法学部
関西大学法科大学院
趣味 スポーツ観戦、ジョギング、映画、音楽、読書
好きな言葉 「強くなければ生きていけない。優しくなれなければ生きている 価値がない」

相談者、依頼者に伝えたいこと

 普段意識することはあまりないかもしれませんが、日常生活の中で、誰もが法律問題と隣りあわせに生活しています。そして法律問題は、ある日突然、表面化します。交通事故にあった、親族が財産を遺して亡くなった、夫や妻が浮気をした…等々。
 誰もが直面する可能性のあることなのに、誰も準備ができていない。いざとなるとどう対応していいかわからず途方に暮れてしまう…。そのギャップを埋めるのが、私達の仕事だと考えています。
 どうしていいかわからないけれど、誰にも頼ることができず、ひとりで抱え込み精神的に参ってしまっている。そんなときはぜひ私達の事務所にご相談ください。不安なこと、わからないことがあれば、お答えいたします。
 法律相談を終えた後、「話を聞いてもらえただけでもホッとした」と言っていただけることも多いです。あなたも、まずはそこから一緒に始めてみませんか。

仕事の中で心がけていること

 普段の業務の中で、初めてお問い合わせの電話をかけてくださった方や、既にご依頼いただいているの方とお話していて印象的なのは、「話を聞いてもらえただけで一安心できた」とおっしゃる方が多いことです。
 もちろん、ご事情をお聞きしただけで問題が解決するわけではないのですが、困っておられる方々にとっては、ただ専門家に問題の処理を託したいというだけでなく、いままで一人で抱え込んできた漠然とした不安や疑問を整理したいという想いもあるのではないでしょうか。
 私が心がけていることは、会話の中から、「その方が困っている本当のポイント」を探すことです。相談者・依頼者の方々は専門家ではないので、そもそもご自身の疑問や不安の正体を正確にわかっておられないことも多いからです。その点を整理することで、こちら側の事件処理もよりスムーズになるので、とても有益なポイントだと考えています。

弁護士&リーガルスタッフ
Lawyer & Legal staff

ピックアップインタビュー
Pick up interview