リーガルスタッフ

服部 由佳

はっとり ゆか

過去の人生で苦労したこと

 私は、以前、営業職に就いていましたが、入社して早々、数字を追いかける毎日は私には合わないと感じて、漫然と過ごしてしまいました。
 ただ、職場は一日の半分以上の時間を過ごし、仕事を通して人としての能力も養われるものだと気づき、「自分に合わない」で片付けてはダメだと思うに至りました。
 その後は、先輩に経験談を聞き、仕事を観察し、営業に同行し、トーク術を盗み、自分のものにしようと奮起した時期があります。
 「人生には無駄な経験なんて何一つない」という言葉をよく耳にしますが、違う職種である今の仕事でも、あの時踏ん張ることができたという経験は力になっていると思います。
 依頼者の方が、事件解決後に、安堵した表情、明るい声になっていくのを目の当たりにして、どんな出来事も乗り越えた先には、こんなに人を良い顔にするんだなと実感しています。私も、良い顔になれるよう、たくさんの経験を自分に刻んでいきたいと思っています。

出身地 三重県
出身校 立命館大学
趣味 書道、トレッキング
好きな言葉 人はいつだってパッと咲ける

相談者、依頼者に伝えたいこと

 私たちは、普段生活する中で、あまり法律を意識することは多くないと思います。そんな中、突然、交通事故・離婚・相続・学校事故・B型肝炎や債務整理などの当事者になった時、改めて、自分が法律や、契約、様々なルールの中で生活していることに気付かされるのではないでしょうか。そして、どうしたら良いのかと、大きな不安に襲われることと思います。
 お困りの時は、私たちに、みなさんの事案の当事者の一員にさせてください。お気持ちを少しでも軽くさせてください。
 「まずは何から始めればいいんだろう」「弁護士さんと自分が関わることになるなんて」「こんなこと相談していいのかな」等のご心配は不要です。弁護士、スタッフとも、ここに載っているような笑顔でみなさんをお迎えします。

仕事の中で心がけていること

 「丁寧さ」と「スピード」を共存させることが私のテーマです。
 想像力を働かせ、依頼者の方に気持ちを行き届かせながら、ひとつひとつの事案に当事者の一人であるという意識で関わっていきます。また、依頼者の方は、今関わっている事案から早く解放されたいと願っていると思いますので、ご満足いただける結果で、早期解決できるように進められたらと思っています。
 「今、私の件はどうなっているのかな」とご心配になることもあると思いますので、こまめにご報告して安心していただけるように努めます。
 リーガルスタッフという立場であるからこそ、弁護士と依頼者の方が良好な関係であるように対応していきます。「リーガルスタッフがいてくれてよかった」と思っていただけるような存在になりたいと思っています。

弁護士&リーガルスタッフ
Lawyer & Legal staff

ピックアップインタビュー
Pick up interview