リーガルスタッフ

多田 真理子

ただ まりこ

過去の人生で苦労したこと

 今までで小さなものも含めれば数々の挫折を経験してきました。
 例えば、ギターがうまくなりたいと練習を始めたのに、指が届かなくてあきらめてしまったり、英語を話せるようになりたいと高校で英語部に入って、活動に夢中になったのに、周りの帰国子女の部員のレベルには敵わないと大学では続けることをあきらめてしまったり。
 それが、あるきっかけで、一度きりの人生で簡単にあきらめて良いのかと思ったときから、無理だと思うときこそ踏ん張って最後までやろうと心がけています。小さなことばかりではありますが(資格試験や、自分にとっては難しい料理への挑戦や、方向音痴だけど自分で地図を見て遠出するなど)、無理だと思っていたことが意外とできたときの喜びはひとしおです。

出身地 千葉県
出身校 慶應義塾大学法学部法律学科
趣味 絵を描くこと、滝めぐり、カラオケ
好きな言葉 自然は心の鏡

相談者、依頼者に伝えたいこと

 法律事務所にご相談される方は、ご不安や悩みや疑問を抱えていらっしゃる方がほとんどですから、まず初回のご相談で、不安が解消され、悩みの解決の糸口が見え、疑問点の答えがわかり、ご相談後に少しでも気持ちが軽くなっていただけたら嬉しいと思います。
 ですので、少しでも不安なことやわからないことなどがございましたら、遠慮なさらずにおっしゃっていただきたいと思います。
 また、ご依頼いただいた後でも、私どもが、ご依頼者様にとって、頼りになり安心できる存在でありたいと思っております。
 もちろん、ご依頼いただいた件について責任ある立場にあるからこそなおさら、いつでも良いことばかりお伝えできるわけではございませんが、より良い解決のために、プロとして、ご依頼者様にとって一番良い方法を常に模索しながら、解決にあたりたいと思っています。

仕事の中で心がけていること

 世の中には、理不尽なこともたくさんあり、それにより不利益を被っている人もたくさんいます。私が法律事務所で働きたいと思ったきっかけの一つも、理不尽な目に合っている人がいたら手助けをしたい、という気持ちがあったからです。
 仕事をしている中でやはり、「これはおかしい」と思うことにたくさん行き当たりますが、それが常態化しているときに、ふとすると「こういうものだから」と思ってしまいがちです。
 私一人の力ですぐに変えられるものは多くはないですが、少なくとも、理不尽なことを「おかしい」と思い続ける気持ちは、忘れずにいたいと思います。

弁護士&リーガルスタッフ
Lawyer & Legal staff

ピックアップインタビュー
Pick up interview